現在の求人検索条件でメールをお届けします。

利用規約に同意する

※希望条件に合致した求人が掲載されましたら、1日1回メールにてお知らせいたします。

※希望求人メールの解除はこちら

臨床開発関連の求人トレンド

2016/04/11 UP

  • 厳選採用だが、優れた新薬メーカーでは臨床開発分野の採用ニーズは増加傾向

    • 株式会社アイスブルー・アンド・カンパニー
      取締役 小田 守
  • 株式会社アイスブルー・アンド・カンパニー 取締役 小田 守

    このコンサルタントに
    問い合わせる

  • 採用動向
    新薬開発の効率化の中でニーズが目立つ2職種

     昨今の製薬企業では、新薬開発の効率化が大きなテーマとなっており、臨床開発分野の求人は増加傾向にあります。ニーズが目立つのは、「スタディマネージャー」や「クリニカルサイエンティスト」などの専門職の募集で、1社で複数名を採用する例もあります。今後、どのメーカーがどれくらいの新薬開発を進めていくかは未知数ですが、いま臨床開発分野の求人を募集している製薬メーカーであれば、今後も新薬を出せる企業だと言えるでしょう。

     また、製薬メーカーが経営の効率化の為に新薬開発をアウトソーシング化する流れは、CRO(受託臨床試験機関)を随時募集している現状を見る限り、今後も加速するでしょう。しかし、全体的なクオリティ強化を考えた時、以前のような未経験者採用は少なくなってきました。即戦力となるCRA経験者は、引き続き高い有効求人倍率をほこると思われます。

     QC(品質保証)やQA(品質管理)、薬事などの求人は、数的には多くありませんがやはり魅力的です。特に薬事は非常にニッチな職種であり、現職の方同士が知り合いといった状態なので求人が顕在化することは多くはありませんが、非常に付加価値の高い職務なので、是非注目したいポジションです。

  • 評価される経験・スキル
    専門性と英語力が不可欠、自己分析はエージェントと一緒に

     現在、臨床開発分野で新たな人材を採用している製薬メーカーは、間違いなく国際共同治験を行っています。そのため、英語力は大きな武器になります。それも、読み書きだけでなく、英会話ができるとアドバンテージとなってきます。また、治験を様々な形でリードするポジションになると、どの領域でどれだけの経験を持っているか? どれだけのことを任せられるか?が重要になってきます。

     例えば、オンコロジーでの経験が豊富だったり、モニタリングリードを経験してきたり、などです。とはいえ、自分自身をマーケットと照らし合わせ、「自分はどこに強みがある人間なのか?」を自己分析するのは、なかなか難しいものです。ですから、ご興味があれば、まずはエージェントにご相談頂きたいと思っています。

     また、CRA(臨床開発モニター)の方では、キャリアの有り様を模索されている人も多いと思います。メーカー勤務を希望する方、CROでのマネジメントへのキャリアを求めている方など、様々でしょう。 求める方向性によって強化していく資質も変わりますので、是非エージェントにご相談頂き一緒に考えていければと思います。ただ、あえて言えば、オンコロジー領域の経験や、英語力があると大きな強みになることは確かです。

  • 求職者へのメッセージ
    中長期的な視点でチャンスをつかもうとする姿勢が重要

     医療業界の専門職も他職種同様、重要なことは職務に必要な専門性を伴う「業務スキル と社会全般に通用する「ビジネススキル」なことに変わりません。

     業務スキルとは、専門領域での知見やその職務での様々な経験、そして英語力です。一方、ビジネススキルとは、主に目標達成意欲、論理的思考力、対人影響力、チームワークなどを指しています。とはいっても、主観的にはそれらが他者と比べてどうなのか分からないものです。そのような時も遠慮なくエージェントにご質問頂きたいです。

     また、中長期的な視点も大切になってきます。CRAに関する転職事例を参考にして言うと、製薬メーカーのCRAは狭き門であることは確かです。ですから、チャンスを逃さずつかもうとする姿勢が大事です。焦らずじっくりとチャンスを待ちながら、的確に採用マーケットの情報を取っていくことが必要となります。

     いずれにしろ、新薬を出すには臨床開発職が不可欠で、必ずチャンスは巡ってきます。私も、求職者の方がどうしたらそうしたチャンスに出会えるかを真剣に考えますし、決して安易な転職に流れないよう、働き掛けて行きたいと意識しています。

  • このコンサルタントに
    問い合わせる

Profile

株式会社アイスブルー・アンド・カンパニー 取締役

小田 守

大学卒業後、インテリアメーカーから大手人材派遣会社に転職し、外資系金融専門チームの立ち上げからマネジメントに従事。
その後、他の人材サービス企業で約10年間、メディカル業界の専門チームにて有料職業紹介事業の法人営業、キャリアコンサルタント、ならびに同チームを統括する。
一過性のものではなく、中長期のキャリア構築支援と採用エージェントを行いたく独立を決意し、2010年10月、株式会社アイスブルー・アンド・カンパニーを設立。取締役に就任する。

ページの
上部へ