現在の求人検索条件でメールをお届けします。

利用規約に同意する

※希望条件に合致した求人が掲載されましたら、1日1回メールにてお知らせいたします。

※希望求人メールの解除はこちら

面接選考の観点

採用面接は、一般的に「複数回」行われることが多いです。面接官の立場により選考の観点は異なります。代表的な事例として、「人事部(採用担当者)との面接」のケースと「現場(配属部署の管理職=上司となる人)との面接」のケースに分けてポイントをご紹介!事前準備をしっかりして、面接を無事突破してください!

人事部(採用担当者との面接)ココを見ている!

  • 会社への熱意
  • バランス
  • 社風のマッチ
志望度の高さ、企業研究をしているかを見られている

HPを見て研究するだけでなく、求人を紹介した転職支援会社の担当者から「経営戦略の観点」や、「募集背景」の説明をかならず聞き、あなたの転職理由との接点を見出してください。すなわちそれが明確な「志望理由」として面接官に伝えるべきポイントとなります。

組織の人員構成上 必要な人材かどうかを見られている

人事担当者は、面接の中であなたが組織として必要な人材かどうかを判断します。例えばマネジメント志向があるかどうか、将来的な部署異動はOKか、あなたの応募先企業に対する「基本的な希望」についてチェックされると考えてください。
ここが合わないと「すぐ退職されるのでは?」と判断される可能性があります。

長く活躍してもらうために会社に合うキャラクターかどうかを見ている

会社組織で活躍している人、評価されている人は必ず「社風にあっている」または「会社のカルチャーに対応している」ものです。どのような社風なのか、事前に転職支援会社の担当者にできるだけ確認し、さりげなく面接でアピールしてください。
例えば社内調整力を重視する社風なのか、失敗をしても挑戦する人材を重視するのかなどが社風のポイントになります。

現場(配属部署の管理職=上司となる人との面接)はココを見ている!

  • 人柄
  • スキル・経験
  • 一緒に働きたいか
基本的には「協調性」「チームで仕事をする力」「誠実さ」を見ている

現場面接では、面接官の部署に配属して問題がないかどうか?活躍できそうかという観点を重要視していることが多いです。異なる部署の方と仕事をどのように「うまく」進めていったのか、どんな事を「いつも心がけている」のか?などについてしっかり回答する事が重要です。

「スキルがある」「経験がある」かどうかだけでなく、その「応用性」を見ている

現場面接でその人が「即戦力が否か」を、「スキル」や「経験」で判断するのは間違いないですが、一番重要なのは「その人の前職での仕事のやり方」が採用後にも通用するか?ということです。
同業他社にまったく同じポジションで転職しても、役割が微妙に違ったり、仕事の進め方が異なったりします。
面接の担当者は、それを前提に「スキル」や「経験」を確認すると考えてください。「応募先企業の仕事の仕方に柔軟に対応できる」という「応用性」について、それまでの経験で似たような事例があれば、それに基づいてしっかりアピールしましょう。特に管理職、即戦力クラスの募集では重要視されます。

上司との相性を見ていますが、好奇心の強さも見ている!?

上司となる方に「一緒に働きたい」と思われるために重要なのは「部下」としての能力です。
上司ですから自分の意向に従う部下を好むのは事実ですが、いわゆる「イエスマン」かどうかというよりは「素直」かどうか(自分の意見と異なる場合に他人の意見に耳を傾ける力があるか)を重視しています。また、「好奇心の強さ」も見ています。誤解しないでほしいのは、性格的なものというよりは、「意欲的に仕事を覚える」「調べて自分で解決する」「新しい事に取り組もうとする」というような「姿勢」に関する部分を指していることが多いようです。

ページの
上部へ